カルーセルスライダーslick

レスポンシブコーディングの際に簡単に使えるカルーセル

スライダーは今コーディングする際に必須のアイテムとなってます。
レスポンシブしないとSEO的にも上がりません。

基本の使い方

slick配布元からファイルをダウンロードし、コーディングしているフォルダへ組み込みます。
コーディングの際に使用するのは、ダウンロードしたファイルの中に入ってる以下のファイルです。

ダウンロード後、ヘッダー部分に下記のソースを入れ込みます。

[crayon-5ba997cf9ecdf033473757/]

表示させたい部分に下記のHTMLを記載いたします。

[crayon-5ba997cf9eced634491494/]

共通に使えるCSS

[crayon-5ba997cf9ecf5060157252/]

参考サイト

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。