サーバーへアップロード方法

FileZillaを使ってサーバーへデータをアップロードします

サイトにアクセスした際のパスワード制限を設定する方法をお伝えいたします。
サイトを誰にも見せたくない場合や、
公開前に設定する事がよくあります。

ダウンロード先

下記のリンクより、FileZillaをダウンロードしてください

FileZilla使い方

「画像左側」に表示されているのがローカル側(パソコン上のファイル)で、
右側に表示されているのがホスト側(サーバー上のファイル)になります。
ディレクトリツリーを使ったり、そのファイルが格納されているディレクトリをダブルクリックで
開いたりすることで、目的のファイルを画面に表示することができます。
ローカル側、サーバー側、それぞれの画面の一番上にある「..」をダブルクリックすると、今いるフォルダから一つ上の階層に移動できます。
左(パソコン側)から右(サーバー側)へファイルを上げる事により、URLでもファイルの確認が可能となります。

FileZilla接続設定

接続設定を行いましょう。接続設定には、契約したサーバーから送られてきたFTP情報(メールに記載)が必要になります。
メールを確認したら、FileZilla操作画面の
「ファイル」をクリック⇒「サイトマネージャ」を選択します。



「接続」をクリック→「不明な証明書」というダイアログが表示されます。
「今後もこの証明書を常に信用する」にチェック→「OK」をクリックします。

右側にサーバーのディレクトリが表示されれば成功です。

FileZillaサクラサーバー接続設定

サクラサーバーから届いたメールを確認します。

FileZillaを立ち上げて、「ファイル」→「サイト マネージャ」をクリック。

「新しいサイト」のボタンをクリックして、サイト名など分かりやすい名前を設定します。
※名前は自分で決めて大丈夫です。

サーバー情報を入力します。
「ホスト」「ユーザ」「パスワード」はさくらインターネットからのメールを参照して入力します。

設定完了後はサイトマネージャでエントリを選択し、
「接続」をクリックするとサーバーに接続することができます。

※接続後「www」フォルダを「ダブルクリック」で開きその中にファイルを
「ドラックアンドドロップ」であげてください。

参考サイト

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。