Gitの使い方

Gitの仕組み?

Gitは、共有リポジトリを使い作業を行います。
共有リポジトリとは、「複数人で共有しているフォルダ」の事を指します。
「リポジトリ」とは、ファイル(複数のプロジェクトフォルダ)のデータが入っている「大元のフォルダ」だと思ってください。

ワーキングツリー

「ワーキングツリー」とは、ローカルで作業しているフォルダの事を指します。

インデックス

「インデックス」とは、「ローカルリポジトリ」に変更ファイルを上げる(コミットする)前に
変更したデータを一時てきにまとめておく場所の事を指します。

ローカルリポジトリ

「ローカルリポジトリ」とは、「ファイル」や「ディレクトリ」の内容の変更履歴として格納されている場所。
「ファイル」や「ディレクトリ」の変更履歴を記録することができる場所です。
自分のパソコン上に配置するのが、「ローカルリポジトリ」です。

リモートリポジトリ

「リモートリポジトリ」とは、「ファイル」や「ディレクトリ」の内容の変更履歴として格納されている場所。
「ファイル」や「ディレクトリ」の変更履歴を記録することができる場所です。
専用のサーバなどに配置するのが、「リモートリポジトリ」です。

実際にGitを使ってみよう

それではGitを使って作業してみましょう!!
今回は「Git Hub」を使って作業を行います。

Git Hubに登録する

「Git Hub」にアクセスします。

https://github.co.jp/

Git Hubにリモートリポジトリを作成

登録が完了したら、次に「Git Hub」に「リモートリポジトリ」を作成します。

下記部分に任意の名前を記載してください。

下記の画面が表示されましたら「リモートリポジトリ」の登録完了です。

Gitコマンドを使おう

今度はコマンドを使って作業します。

ローカルにフォルダを作成

「sample」フォルダを作成致します。
ターミナルを使い、「sample」フォルダまで移動します。
デスクトップにフォルダがある場合。

[crayon-5ba9905f9e8a8081995733/]

フォルダが移動できた所で、先ほど「リモートリポジトリ」を作成した際の情報を記載します。

[crayon-5ba9905f9e8b6245767376/]

「git init」:リポジトリ作成

「git add .」:全てのデータをローカル上のステージングエリアに上げる

「$ git commit -m “first commit”」:ローカルリポジトリへコミット

「git remote add origin https://github.com/【作成されたユーザーネームを入れてください】/sample.git」:リモートリポジトリを指定します。

「git push -u origin master」:ローカルリポジトリからリモートリポジトリへデータを上げる

参考サイト

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。