Jetpackプラグイン使い方

Jetpackとは?

Jetpackはスパム対策やSNSとの連携する際に簡単に設定できます。
また、アクセスの状況サイト統計情報まで見れてとても便利です。



Jetpackの使い方

Jetpackのインストールから使い方をご説明致します。

Jetpackをインストール

「プラグイン」→「新規追加」→「Jetpack」で検索します。
そして「新規追加」をクリック

Jetpackインストール

そのまま「有効化」をクリックしてください。

WordPress.comと連携

「Jetpack設定」のボタンをクリックします。
Jetpack設定画像

「WordPress.com」のアカウントがない場合は、「アカウント新規作成」をクリックします。
WordPress.com新規アカウント作成画像

  • メールアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード

を記入し、「アカウント作成」をクリックします。
WordPress.comアカウント作成画像

連携の際に読み込みの画面が表示されます。

WordPress.com連携読み込み画面


「無料プラン」が下部にございますので、「無料」で始めることも可能です。

無料プラン画像

下記の画面が出てきて、「有効化」を設定で「連携と設定」が完了します。
連携と設定完了



SNSとの連携

次にSNSとの連携の設定に関しまして記載します。

ダッシュボードの設定をクリック

設定画像

共有部分

設定をクリックすると、下記の画像のグローバルナビゲーションが表示されます。
その部分の「共有」をクリックします。

Jetpackグローバルナビ

下記の画像と同じ内容ならOKです。

ダッシュボード左側

ダッシュボード左側の「設定」を選択すると、「共有」が表示されます。

連携

各SNSの横に「連携」のボタンが表示されます。
その部分をクリックします。

今回はツイッターと連動してみます。
ブラウザでツイッターがログインしている場合、下記の画像のように表示されます。
「連携アプリを認証」をクリックで設定完了です。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。