Webサーバーとは

Webサーバーとは何か?

Webサーバーについて解説していきます。

ネットワークとは何か

「ネットワーク」について少し説明いたします。

ITの世界では、「ネットワーク」=端末と端末が通信で繋がっている状態

「インターネット」=パソコンやスマートフォンなどの端末がウェブを通して網状に繋がっている状態

つまり「インターネット」=世界中に張り巡らされた巨大なコンピューター「ネットワーク」

複数の端末が通信回線で繋がっていて通信ができる状態のことを、「ネットワーク」といいます。
そして、サーバーはネットワーク上に存在しています。

サーバーとクライアント

「サーバー」の説明いたします。

インターネットに繋がっていないですが、
複数の端末(2台以上)が接続されていて通信できるので、ネットワークであるといえます。

「パソコンAを使ってパソコンB内のファイルを見る」=
パソコンAとパソコンBの間には、「サーバー」と「クライアント」という役割が発生します。

・何かを提供する=serve(サーブ)するもの:サーバー
・顧客=client(クライアント)のように提供を受けるもの:クライアント

ファイル=情報を提供したパソコン「Bがサーバー」、情報を提供された「パソコンAがクライアント」ということになります。

このサイトを見ているあなたの「パソコン」や「スマートフォン」は、
このサイトの情報が格納された「サーバー」から情報の提供を受けている「クライアント」です。

あなたの端末が(クライアント)「WEBデザインMATOME」というリクエストを出し、「サーバー」がそのリクエストに応答して、
このページを表示させる「情報をserve」(=提供)しているわけです。

サーバーとは何か?

Webサイトの情報が入っている「サーバー」の説明いたします。

「サーバー」=「ネットワークを通じて他の端末に情報等を提供するコンピューター」

皆さんがお持ちの「パソコン」でも、外部(不特定多数のユーザー)に提供するための情報を入れ、
それを外部(不特定多数のユーザー)に見せるためのプログラムを組み込めばサーバーにする事も可能です。

【補足】自宅サーバーのメリット・デメリット

メリット

  • 各種環境を自由に構築できる
  • 他所ではやり辛い実験的な事ができる
  • 仲間に一部貸してあげたり、必要な環境を作ってあげられる
  • 少なからずサーバー・ネットワーク周りの知識・技術がつく
  • たのしい!

デメリット

  • まずサーバーマシンを用意する必要がある
  • 電気代がかかる
  • IPアドレスを固定するとお金がかかるが、DDNSを選択すると外部からアクセスできない時間が出来得る
  • 停電の影響を受ける
  • セキュリティ面をある程度考えないといけない
  • ハードウェアの故障があれば対応に時間やお金がかかる(特にHDD)
  • 外出先で何か問題が起きても帰るまで対応できない事がある
  • 設置場所によっては稀に音が気になって眠れない場合がある

ウェブサイト運営者に関係する2種類のサーバー

「サーバー」はいろいろとありますが、ウェブサイト運営者に関係するものを2つ紹介しておきましょう。

  • レンタルサーバー
  • クラウドサーバー

レンタルサーバー

サーバー管理会社が管理している、貸し出し用のサーバーです。
ウェブサイトを運営する際、多くの場合はレンタルサーバーを利用するでしょう。
自前でサーバーを建てるよりもコスト面で優れており、管理の手間も削減できます。

レンタルサーバーには、専用サーバーと共用サーバーの2種類があります。





専用サーバー

1つのサーバーを1人の利用者で専用使用するものです。
一般的に、料金が高いかわりに処理速度が速く、データ容量も多いことが特徴です。

メリット

  • 1台のサーバーのリソースを他のクラヤントと分けずに利用可能
  • 普段root権限(Linux)または管理者軽減(Administrator)がある
  • 全ての設定を自由に変更できる
  • 必要なソフトを自由にインストールできる
  • 他の顧客の行動に影響されずにサイト、Webアプリの管理が可能
  • CPU負荷の思い、アクセスの多いサイトでも、対応できる
  • 共用サーバーと比べ、ダウンする確率が低い
  • 回線速度が早い

デメリット

  • 共用サーバーと比べ、コストが高い
  • サーバー管理には技術的な知識が必要
  • サポートは有料の場合がある
  • 共用サーバーよりは設定に手間がかかる
  • クラウドサーバーと比べ、ダウンする確率が高い

共用サーバー

1つのサーバーを複数の利用者で共用使用するものです。
サーバーの性能を分け合って使うので、専用サーバーと比較すると、
処理速度やデータ容量などのスペック面で劣ります。
しかし、その分料金が安く抑えられています。

メリット

  • 専用サーバに比べて圧倒的に導入コスト・ランニングコストが安い
  • サーバに関する専門的な知識がなくても利用可能
  • 申込みから利用開始までの期間が短い

デメリット

  • 同じサーバを利用している他のWebサイトの影響を受けてしまうため、
    サーバに負荷がかかりすぎるとWebサイトが閲覧できなく可能性がある
  • サーバの設定や利用できるソフトウェアに制限がある

クラウドサーバー

クラウドサーバーとは物理的な実態を持たないサーバーであり、
仮想サーバー(VPS)とも呼ばれています。
クラウドサーバーや仮想サーバー(VPS)という呼び名の解釈には幅がありますが、
さしあたり、両者は「同じようなもの」と考えて問題ありません。

クラウドサーバーや仮想サーバーには、目に見える形での実態がありません。
簡単にいうと、「高性能なサーバーの中にインストールされた、疑似的に独立したサーバーとして稼働するプログラム」、
これがクラウドサーバーです。

クラウドサーバーは疑似的に専用サーバーのような仕様を作り出すため、
低コストで専用サーバーと似たような環境を得ることができます。
サーバーの仕様をある程度独自に構築したい、
ウェブサイトの成長に応じてサーバーのスペックを手軽に増強したい、というようなときに便利です。

メリットデメリット

メリット

  • アクセス状況とコスト面での柔軟性有(期間限定での使用の対応が容易)
  • 必要なサービスのみ選択でき、セキュリティ面で優位
  • 比較的早くサービスを立ち上げることができる

デメリット

  • 継続的に利用するには、コストが割高となりがち
  • 多くのオプションがあり、初心者には難解
  • 専門家がいない中小規模の組織では、自力で使いこなすのが困
参考サイト

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。