Webディレクションはじめの一歩(ワイヤーフレーム作成編)

TOPペジなどに掲載する情報を整理

初めに、情報の整理から進めていきましょう。
ヒヤリングした、ホームページ全体のコンセプト。各ページの内容など何を掲載し、何が重要かをまとめます。
「ピックアップ → グルーピング → ランキング」で進めると、まとまりやすいです。

ピックアップ

何を掲載するか、紙などに書きピックアップしていきます!!全ての情報を書き出してください。

グルーピング

情報がリストアップできましたら、項目ごとにまとめていきます!!

ランキング

グループで分けた後は、そのグループの最優先順位をつけていきます!!

レイアウトを決める

画面をどのように分割するか!!

マルチカラム

複数あるレイアウトのことをマルチカラムと言います。
カラムは画面を縦に分割したときの単位。
日本語では「列」。
縦のカラム(列)に対して、画面を横に分割したときの単位はロー(行)といいます。

ワンカラム

サイドなびなどもなく、一枚のカラムで構成されたページのデザイン。

フルスクリーン

画像をサイト全体に配置するデザイン。

ヘッダーを決める

サイトの上部のことをヘッダーと言います!!
ヘッダーはどの部分にいってもサイトの上部に配置している部分となりますので重要な部分です。
ロゴの配置の場所や、お問い合わせの位置などコンバージョンに繋がりやるいものはわかりやすい場所に置きましょう!!

コンテンツ

読ませて見せる部分、「文章・画像・表」または、動画などを使い綺麗にレイアウトしましょう!!
画像や、動画で目の視点いちを意識しながら構成を作っていきましょう!!
コンテンツ部分を読んでいただくことにより、成約まで導くきっかけを作ったり、重要な役割を果たします。

フッター

サイトの最下部に配置されるページです。
全ページこちらも付いてくる部分となりますので、ページの最下部に降りたきた際に、興味を引く物を配置したり
コンテンツに注目してもらいたい場合などはシンプルに配置したりいたします!!

タイトルのあしらい

タイトルはコンテンツの重よな内容をパッと見て、内容がわかるデザインや配置を心がけましょう!!

下書きは必須

前回お伝えした、ツールでワイヤーフレームを作成する前に、手書きでささっと書いて頭で考えた最終の形を、
手で書き見える物にしましょう!!
実際考えた形を書くことにより、もう少しこうしたい、あーしたいなど色々出てくる場合もありますし、
手書きで書いた内容をツールで清書することにより効率よく素早く形が出来上がります。

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。