Webディレクションはじめの一歩(ヒアリング編)

サイトの目的を決める

ウェブディレクションをする際に必要なのは、まずサイト制作の目的を明確にする必要があります。
なんの為にサイトを制作するのか?
誰に向けてサイトを制作するのか?
お客様と話しあい目的を明確に決めていくのが前提の仕事となります。

サイトリニューアルなのか?新規作成なのか?

サイトリニューアルの際と、ウェブサイト新規作成の場合では大きく違います。

なぜ今のサイトをリニューアルするの?

サイトリニューアルの場合は色々理由があると思います。まずはそれを明確にしましょう!!

  • 全然集客が見込めない。また集客がないからウェブサイトから集客したい!!
  • 昔に作ったサイトだからデザインが古い。またデザインが気に入らない!!
  • 事業内容が大幅に変更された為に、内容を変えたい。また新たな事業内容を追加したい!!

集客が見込めない

集客が見込めない場合、原因は色々あります。
検索してもサイトが中々検索エンジンに引っかからない?
デザイン的に何を見せたいのかわからない?
競合他社との値段の差異が非常に大きい?
問い合わせの対応が悪い?

などもっと色々な要因もあると思いますが、例として上げさせていただきました。お客様の原因の理由を考え、その原因を解決するために何が必要かを提案致します。

デザインが古い

WEB業界の進歩はじヒ日々更新されています。もちろん時代とともにファッションと一緒で流行り廃りがあり、3年周期でデザインのテイストも大きく進化すると言われています。シンプルなデザインで洗練されているデザインの場合見劣りしないデザインもあります。しかし、見た目が変だとサイトの内容までみてくれないですよね?
この場合でリニューアルをお勧めするのがベターだと思います。

事業内容が大幅に変更された

事業内容が現状の内容と紐づいている場合大幅なリニューアルでなくページ単位でリニューアルをする方法も考える事が可能だと思います。
あまりにも内容が違う場合別サイト(サテライトサイト)を作成する事も提案ができると思います。

ウェブサイト新規作成の場合

新規ウェブサイトを制作する際にも考える事が色々とあります。

  • 新規サイトの目的を決める。
  • ターゲットユーザーを決める。
  • CMSは必要か?システムの内容を決める。
  • 競合サイトの内容をリサーチする。

目的を決める

WEBサイトを作成して、集客を見込みたいのか?
ただ看板としてサイトが欲しいのか?
会社をブランディングしたいのか?
などお客様の状況や事業内容によって目的もかわりますので初めにこの部分をしっかり確認する必要があります。
集客を見込んでいるのにカッコいいサイトを作って見当違いのサイトになります。
ゴールを明確にする事が初めの一歩でございます。

ターゲットユーザーを決める

大幅な年代を決める。
若者向け:10代~20代前半
成人向け:20ダ代半~30代
中年層:40代~50代前半
熟年層:50代~60代
各年代によってサイトの色味のきめかたやフォントのサイズの大きさなどその年代に適切な設定をする必要がでてきます。

CMSは必要か?システムの内容を決める

自社サイトでブログを更新したい、サイト内で商品を販売したいなどサイトの内容に応じてお客様側で更新する箇所が必要な場合は、CMSを導入することにより、更新が可能になりサイトの運営が楽になります。

競合サイトの内容をリサーチ

競合サイトを調べることにより、必要なコンテンツや必要掲載する内容が明確になりサイトの集客につながります。

まとめ

上記のまとめとしまして、WEBディレクションで必要な内容は下記の内容を明白にすることが必要です。

目的を決める。

  • 何のためのなのか?
  • どうしたいのか?
  • 何が必要か?

ターゲット

5w2hを意識してだターゲットを決める。

  • 誰が?
  • 誰に?
  • 何を?
  • 何処で?
  • なぜ?
  • いくらで?
  • どうする?

機能

  • 更新はするのか?
  • 販売はするのか?
  • 特別なシステムを組み込みたいのか?

リサーチ

  • 他社は何を押しているのか?
  • 他社との違いはあるのか?
  • 他社にもない必要なものがあるか?

Commentsこの記事についたコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。